HOME相続まめ知識相続まめ知識について >遺留分って何ですか?

遺留分って何ですか?

遺言を作成することにより、法定相続人以外であっても財産を残すことができます。

しかし全財産を法定相続人以外に譲ってしまうことで、残された家族が住む家を失ってしまうという状況も考えられます。こういった状況を避けるため相続人には遺産の一定割合を保証するという制度である「遺留分」という制度が定められています。

 

遺留分を有する方は、具体的には以下の通り定められています。

 

【配偶者・子】

亡くなった被相続人の配偶者と子は、被相続人の財産の2分の1について遺留分があります。

例として被相続人の相続人として配偶者と二人の子供がいる場合、配偶者の遺留分は4分の1、子2人の遺留分はそれぞれ8分の1となります。

 

【直系尊属(被相続人の親など)】

亡くなった被相続人の直系尊属(親など)のみが相続人である場合、直系尊属は3分の1について遺留分があります。

 

※直系尊属とは、父母・祖父母など自分より前の世代で、直通する系統の親族のことです。また、養父母も含まれます。

叔父や叔母、配偶者の父母、祖父母は含まれません。

 

【その他の人】

胎児は、法律上無事生まれることを条件に相続に関して子と同じ扱いを受けます。

被相続人から見た子が死亡し、孫がいる場合、その孫は相続人(代襲相続人)として認められているため遺留分を有します。

 

相続欠格者や相続から廃除された方、相続放棄した方は相続人ではないため遺留分を有しません。

亡くなった被相続人の兄弟姉妹に関しても法律上、遺留分を有しません。