HOME相続まめ知識相続まめ知識について >遺言の種類とそれぞれの特徴について知りたいのですが?

遺言の種類とそれぞれの特徴について知りたいのですが?

遺言には以下の3種類があり、それぞれに特徴があります。


自筆証書遺言

自筆証書遺言は、文字通り遺言者が紙に自らの遺言内容の全文と、日付、氏名を記入し、署名の下に押印することにより作成する遺言となります。(自筆であることが必須であり、パソコンで作成されたものは無効となります。)

自筆証書遺言は、自分で書くだけなので費用がかからずいつでも作成できるというメリットがありますが相続内容が複雑な場合においては法律的に見て不備な内容になってしまう危険性があり、後に紛争の種を残したり無効になってしまうといった可能性があるというデメリットもあります。


公正証書遺言

公正証書遺言は、遺言者が公証人の面前で遺言の内容を口授し、それに基づいて公証人が遺言者の真意を正確に文章にまとめ公正証書遺言として作成するものです。

遺言者が遺言をする際、どういった内容の遺言にしようかと思い悩むことが少なくないと思いますが、そんなときには公証人が強い味方となり相談しながら必要な助言してくれるため遺言者にとって最善と思われる遺言書を作成することができるというメリットがあります。

公証人は、裁判官・検察官などの法律実務に携わってきた法律の専門家で、正確な法律知識と豊富な経験がある方です。


秘密証書遺言

秘密証書遺言は、遺言者が遺言の内容を記載した書面(自筆証書遺言と違い自筆である必要性はありません。パソコンを使用して第三者が書いたものでも問題ありません。)に署名押印をした上で、これを封じ遺言書に押印した印章と同じ印章で封印し、公証人及び証人2人の前にその封書を提出して、自身の遺言書である旨及びその筆者の氏名及び住所を申述し、公証人がその封紙上に日付及び遺言者の申述を記載した後で、遺言者及び証人2人と共にその封紙に署名押印することにより作成される遺言となります。