HOMEいざ相続となったら >あなたの取るべき行動は?

あなたの取るべき行動は?

相談窓口

相続が発生すると、様々な問題が出てきます。

実は、問題の内容ごとに相談する専門家が変わってくることはご存じでしたか

 

でも、実際どの専門家に何を相談するかなんてわかりませんよね…。

 

まずは相談窓口に相談してみましょう!

ステップ1 : 最初の一歩は相談窓口でご自身の現状を伝えることです。

 ・申告期限と法定相続人の確認

 ・遺言書の有無を確認

 ・亡くなった日現在の相続財産と債務の確認

 ・路線価、評価証明書等資料の収集

ステップ2 : 概算評価と申告の要否を判断してもらいましょう

 ・税理士さんをご紹介いたします

 ・相続財産と負債の概算評価

 ・申告の要否判断

 ・概算評価の提案資料を作成

ステップ3 : 財産評価と相続税額の試算をしてもらいましょう

 ・不動産鑑定士さんや土地家屋調査士さんをご紹介いたします

 ・相続人、専門家と一緒に不動産の現地調査

 ・土地の測量、不動産鑑定の要否を判断

ステップ4 : 節税案の提案と検討をします

<節税を導き出す要素として以下が挙げられます>

■土地の評価減の可能性を探る

■利用形態で評価減

■道路との関係で評価減

■私道や水路は評価減

■土地の面積で評価減

■小規模住宅の特例の利用

■生産緑地の利用

■広大地評価の利用

■鑑定評価の利用 等

 ・遺産分割パターンごとの納税比較シュミレーション

ステップ5 : 遺産分割と相続税の申告をしましょう

 ・弁護士さんをご紹介いたします

 

<遺産分割のときにできる節税として以下が挙げられます>

 

 遺産分割を早く決めると余計な税金はかからない

 共有名義は避けて土地を分ける

 土地を分筆することで評価が下がる

 配偶者の税額軽減の特例を最大限に利用する

 

 ・遺産分割協議書の作成と調印

 ・相続税の申告書作成手配と内容の確認

 ・税理士からの申告書の内容説明、調印、税務署に提出

ステップ6 : 納税対策について考えましょう

 ・納税方法の検討

 ・納税のための土地売却、物納を検討

 ・納税のための土地有効利用案を検討

 ・納税書の準備と手配

ステップ7 : 不動産の登記をしましょう

 ・行政書士さんや司法書士さんをご紹介いたします

 ・相続登記