HOMEいざ相続となったら >遺産相続トラブルを防ぐには

遺産相続トラブルを防ぐには

相続放棄について

亡くなった被相続人が多額の借金を残していた場合、

手続きをしなければ知らないうちにその借金まで受け継いでしまうことになります。

手続き期限は3ヶ月です。早めに手続きをすすめましょう。

 

相続放棄って?

お断り

相続放棄とは親の財産も借金も受け継がないようにするための手続です。

 

通常、遺産が借金ばかりの場合に利用します。

死亡を知ってから3カ月以内に家庭裁判所で手続をする必要があるということに注意が必要です。

同順位の相続人全員が相続放棄した場合、次の順位の相続人(二次相続人)が相続することになるため、二次相続人にも状況を伝えることが重要です。

相続手続きの流れについて説明いたします!

相続は被相続人がなくなった瞬間から始まり、手続きは悲しみにひたる暇もなくスタートします。

手続き自体煩雑で面倒なものが多く、非常に大変な作業です。

できるだけスムーズに進められるよう、まずは大まかな手続きと流れを把握しましょう。

 

ステップ1 : 死亡届を提出(初七日)

被相続人が亡くなった事実を知った日から7日以内に、住所地の市役所へ死亡届を提出します。

 

ステップ2 : 遺言書の有無を確認

遺言書を残していたか不明であれば、寝室や神棚など遺言書を残しているかどうかを確認します。

 

ステップ3 : 相続人の調査と確定

相続人を確定するため被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本などを取得して調査します。

故人について生まれてから死亡するまでの戸籍謄本を取得するには時間がかかります。遅くとも四十九日の法要あたりから調査を始めることおすすめします。そして亡くなった被相続人の戸籍謄本(除籍謄本)と相続人の戸籍謄本を取得したら相続関係図(家系図)を作成し、遺留分権利者が誰であるかを把握し、遺留分割合を確定していきます。

 

ステップ4 : 相続財産の調査

財産を書き出します。財産はプラスの財産ばかりではありません。

マイナス財産(借金等)があることも念頭に置き、忘れずに書き出すようにしましょう。

通帳はもちろん、郵便物などもチェックすると把握しやすくなります。

 

ステップ5 : 相続税の試算と遺産分割協議

1月1日から死亡日までの所得について、準確定申告をしなくてはいけません。

それと同時に、相続財産調査と遺産目録の作成等を行い、どれだけの相続税が発生するか試算し、遺産分割協議も進めていきます。

 

ステップ6 : 相続方法を決定(死亡3ヶ月)

単純承認、限定承認、相続放棄など、どのような相続方法を取るかを決定します。

これに関しては死亡を知ってから3ヶ月以内に決めなければいけません。

マイナスの遺産が多い場合、このタイミングで相続放棄の手続きをする必要があります。

 

ステップ7 : 相続税についての確定申告(死亡10ヶ月)

どのような相続結果になったのかを含め届けを行う期限です。