HOMEいざ相続となったら >だれが相続人?

だれが相続人?

誰が相続人?

亡くなられた方(被相続人)の財産について「相続する権利を持つ人」のことを法定相続人と呼びます

法定相続人は、被相続人の親類や友人といった、被相続人と親しい間柄であれば誰でも資格があるというものではありません。

 

財産を相続する権利を持つ人は、民法によってその範囲と順位が決められています

相続の準備を始めるうえで、法定相続人が誰かを確認するとは非常に重要です。

 

下記確認シートをもとに早速、相続関係図を作成してみましょう。

相続人確認シート

相続人確認シート

 

相続人の範囲って?

民法によって「相続する権利を持つ人」は決まっています。

1.亡くなった被相続人の配偶者

 

2.亡くなった被相続人の子供

(直系卑属(ちょっけいひぞく)

 

3.亡くなった被相続人の父母

(直系尊属(ちょっけいそんぞく)

 

4.亡くなった被相続人の兄弟姉妹

民法では上記の立場にある人が「相続する権利を持つ人」と定められています。

つまり上記以外の人は、被相続人とどれだけ親密な関係であったとしても法定相続人として認められません。

もし上記以外の人への相続を行う場合は、遺言書等で事前に対策を練っておく必要があります。

 

相続人の順位って?

亡くなった被相続人の配偶者は、常に法定相続人の第1位順位となります。

その他の立場の人は法定相続人となれる順位が定められています。

 

第1位順位 被相続人配偶者と子または代襲相続

 

第2位順位 被相続人の父母・祖父母

 

第3位順位 被相続人の兄弟姉妹または代襲相続

代襲相続って?

例えば親よりも先に子供が亡くなっているといったように法定相続人となるべき人が、被相続人よりも先に亡くなっている場合には、「法定相続人となるべき人の子ども」が相続人となります。
これを「代襲相続」といいます。